ぺらーだ (PELADA) とは

ペラーダとはポルトガル語で「路地裏サッカー」という意味です。ブラジルの街角などで、服をゴール代わりに地面に置き、ボールまたは、ボールに変わった丸い物を使い楽しむストリートサッカーです。ブラジル人の方から聞くと・・・「PELADA(ぺらーだ)では、子ども達は頭の中で色々なことを考えてボールを蹴る・・・例えば、ボールや相手以外に、キョロキョロして、お母さんに叱られないようにする。(笑)あとは、歩行者天国ではないので、車の通りの少ない場所で、車が突然来ないかキョロキョロと確認しながら、注意力も働かせる。」路地裏サッカーの様な自らの発想、個性を大切し更に楽しんでもらえるように取り組んでいます。

★ぺラーダを楽しむ、南米の子ども達。

ミナミスポーツさんから以前発売された「ぺラーダ・スター」というスパイクです。
ミナミスポーツさんから以前発売された「ぺラーダ・スター」というスパイクです。

平成27年より、障がいを抱える子どもの支援を行なっております。(ダウン症を抱える子どもや発達障がいを抱える子ども等)運動支援活動やサッカー教室支援を行なっております。川口市、さいたま市、越谷市、春日部市と広範囲で支援を行なっております。また、障がい者スポーツ教室の展開も行なっております。

障がい者スポーツアスリートを招いて、体験会などを行ない、地域の皆様に認知していただき、興味を持っていただける方々を増やして行きたいと思います。